tekitoumemo’s diary

C#、.NET系の技術ブログを書いています。みんなの洋楽ランキングを運営しています。

原付を購入してよかった

原付を購入しました。クレアスクーピーって可愛いやつで11万円。写真のボケてないやつ

突然原チャを買った理由は、自転車があまりにも辛すぎて通勤出来ないレベルで発狂、車だと小回り利かないので衝動買い

ちなみに僕のブログでダントツで閲覧数が多い記事

原付買ったことで良くなったことなど書いてこうかと思います。

自転車の不満

自転車の乗り心地が最悪

まず、サスペンションがないからケツが激痛い。さらにケツより小さめのサドルなので疲れる&ケツ痛い。さらにさらに歩道の路面酷すぎてスピード止まるし、ケツ痛いからほぼ立ち漕ぎだしとにかく酷い。僕は乗り物じゃなくて歩行補助器って呼んでます

危ない

ヘルメットなしで30kmぐらい出るから普通に危ねぇ。歩道走るにしてもぶつかったら致命傷だと思う

漕ぐってなんなの?は?

もう令和だっていうのに漕ぐって意味不明。今さらポケベルとかWindowsXPとか使わないでしょ。そういうこと。そういうことだから

原付購入にあたって迷ったこと

電気バイク

こういうのとか

こういうのがある

「充電だるすぎ」

却下

電動チャリ

これ11万

高っか

「充電だるすぎ」(2度目)

却下

セニヤカー


この洗練されたデザインと機能備。免許もいらないし、最高。新車で30万するけどヤフオクで安いのあるんじゃねーか?と思って調べたら

最高速度は時速1km~6kmの範囲で

え?

1km~6kmの範囲で

却下

購入した原チャの感想

クレアスクーピー


とにかくてデザインが良い。日本製で水冷だから良いらしい。ドリンクホルダーないけど、そんな距離乗らねーからオッケー👌

ケツが痛くない

Dioとレッツ4、JOGを乗り比べて一番乗り心地良かった気がする。

燃費良すぎ

毎日乗って一月500円行くかな?ってところ

スタンドなくてちょっとダルい

スクーピーにはデフォルトでスタンドないっす。ちょっとめんどいかなぁ。

主に女の人が乗ってる車種

可愛いデザインなのでほとんど女の人が乗ってる。気にしないおじさんだから

任意保険微妙に高い

チューリッヒの原付特約っての付けた。車年間30000円なのに半年で7000円した。

メットは良いものを

半ヘルが楽かなと思ったけど、転ぶシュチュエーションしたら絶望だったのでこれ買った

あとバイカーから褒められる

毎日バス乗るとかちょこまかした移動すること考えたら余裕でペイできるので本当買ってよかった。っか迷う必要ないレベルで買うべき

App Service on Linuxでnpm iするとシンボリックリンクが使えなくなってエラーになる

みんなの洋楽ランキングのReactを最新にしたらデプロイ時に意味わからないエラーが発生しました。

エラーログ

Command: /home/site/repository/deploy.sh
Handling ASP.NET Core Web Application deployment.
  Restore completed in 721.71 ms for /home/site/repository/library/Client/Client.csproj.
  Restore completed in 62.82 ms for /home/site/repository/library/DapperSlackOff/DapperSlackOff/DapperSlackOff.csproj.
  Restore completed in 489.23 ms for /home/site/repository/src/mygkrnk.csproj.
react@0.0.0 /home/site/repository/src
npm WARN optional SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: fsevents@1.2.9 (node_modules/chokidar/node_modules/fsevents):
`-- (empty)
npm WARN notsup SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: Unsupported platform for fsevents@1.2.9: wanted {"os":"darwin","arch":"any"} (current: {"os":"linux","arch":"x64"})

npm ERR! Linux 4.4.0-128-generic
npm ERR! argv "/opt/nodejs/6.11.0/bin/node" "/usr/bin/node_modules/npm/bin/npm-cli.js" "install"
An error has occurred during web site deployment.
npm ERR! node v6.11.0
npm ERR! npm  v3.10.10
npm install failed
npm ERR! path ../esprima/bin/esparse.js
npm ERR! code ENOENT
npm ERR! errno -2
npm ERR! syscall symlink

npm ERR! enoent ENOENT: no such file or directory, symlink '../esprima/bin/esparse.js' -> '/home/site/repository/src/node_modules/.bin/esparse'
npm ERR! enoent ENOENT: no such file or directory, symlink '../esprima/bin/esparse.js' -> '/home/site/repository/src/node_modules/.bin/esparse'
npm ERR! enoent This is most likely not a problem with npm itself
npm ERR! enoent and is related to npm not being able to find a file.
npm ERR! enoent 

npm ERR! Please include the following file with any support request:
npm ERR!     /home/site/repository/src/npm-debug.log
npm ERR! code 1
npm WARN optional SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: fsevents@1.2.9 (node_modules/chokidar/node_modules/fsevents):\nnpm WARN notsup SKIPPING OPTIONAL DEPENDENCY: Unsupported platform for fsevents@1.2.9: wanted {"os":"darwin","arch":"any"} (current: {"os":"linux","arch":"x64"})\nnpm ERR! Linux 4.4.0-128-generic\nnpm ERR! argv "/opt/nodejs/6.11.0/bin/node" "/usr/bin/node_modules/npm/bin/npm-cli.js" "install"\nnpm ERR! node v6.11.0\nnpm ERR! npm  v3.10.10\nnpm ERR! path ../esprima/bin/esparse.js\nnpm ERR! code ENOENT\nnpm ERR! errno -2\nnpm ERR! syscall symlink\n\nnpm ERR! enoent ENOENT: no such file or directory, symlink '../esprima/bin/esparse.js' -> '/home/site/repository/src/node_modules/.bin/esparse'\nnpm ERR! enoent ENOENT: no such file or directory, symlink '../esprima/bin/esparse.js' -> '/home/site/repository/src/node_modules/.bin/esparse'\nnpm ERR! enoent This is most likely not a problem with npm itself\nnpm ERR! enoent and is related to npm not being able to find a file.\nnpm ERR! enoent \n\nnpm ERR! Please include the following file with any support request:\nnpm ERR!     /home/site/repository/src/npm-debug.log\nnpm ERR! code 1\n/opt/Kudu/bin/Scripts/starter.sh /home/site/repository/deploy.sh

よくわからないけどシンボリックリンクが貼れないっぽい。あやしそうなこいつを調べてみます。

no such file or directory, symlink '../esprima/bin/esparse.js

Azure App Serviceのsshディレクトリがどうなってるか調べてみます。

-????????? ? ?      ?           ?            ? esparse
-????????? ? ?      ?           ?            ? esvalidate
-????????? ? ?      ?           ?            ? tsc

は、なにこれ

いみわかんね。

お友達にfreeBSD大好きな変態がいるので聞いてみました。

お友達「わかんね。」

statシステムコールで想定していない属性値になっているみたいで、要はファイルシステムがぶっこわれているようです。

完全詰みました。これのせいでリリースができません、いや出来るんですが、CircleCIで設定するコストを考えすぎたらだるすぎて困りました。

どうしてもkuduをつかいたい。

いろいろ迷ってたら以下の記事を見つけました。
stackoverflow.com

dockerやらwindows環境でシンボリックリンクが貼れない場合はnpm iに以下のオプションをつけるとシンボリックリンクを使わずにインストールしてくれるようです。

npm install --no-bin-links

これでやっと成功しました。
f:id:tekitoumemo:20190623194254p:plain

あまり良くわかってないけど、App Serviceはコンテナで動いてるのかな?とりあえず、オンプレと同じようなことをするとファイルシステムがおかしくなることがあるっぽいのでこれはつけといたほうが良いかもしれません。

開発体制を振り返る(2社目 Webベンチャー 後半)

1社目のSIerについてはこちら

2社目Webベンチャー前半はこちら

前回の記事では、モノを作ればヒットするの成功体験をもった傲慢な開発体制を書きましたが、当然流行り廃りがあり、みるみるうちに業績が下がっていきました。その成功体験が通用しないと皆が理解したときに出た対策がBtoCに提供したものをBtoBに出来ないかという浅はかな考えでした。さらにリストラや鬱になる人が増え、どんどん人が辞める事態。そのときの話です。

案件

BtoCの自社サービス

エンジニア数

5人ぐらいorz

技術

C#、angular、jquery

関連人物プライオリティ

サポート >> 営業 > 開発

プライオリティ理由

BtoBにシフトしたことで営業が高くなると思いがちですが、あくまでも収益を上げてるのは既存のサービス。営業も業績を変えるほどの売り上げを確保出来ないのでこのような力関係に。

見積もり手法

開発モデル

ウォーターフォール

開発モデル詳細

開発がサービスを考える(なぜ?)

営業が売れるサービスを作れと依頼する

揉める

とりあえず両者に最低限必要なものを考え出す

期限がイかれてるのでとりあえず気合い開発

テストもろくにせず、リリース

顧客から苦情

営業激おこ

無限ループ

開発しなくなる

外注+辞める人続出(僕も🙋‍♂️)

稼働

月30〜100時間残業(常にこれぐらい)

成果物

プログラム

得た知見

開発はお金がかかること。
カオスな時期に新しい技術を導入しない方が良いこと(このとき主導でGit導入した)
周りに理解がある体制が一番大事

やりがい

辛い。

考察

BtoCと違い、顧客の声がダイレクトに来るので開発体制に見直しが入ったのは良かった。ただ、この状況だと開発が疲弊しているので新しい技術を導入するのは失敗。とにかく目も当てられないぐらい使いこなせない。この状況は「テストを増やしましょう」、「チェック体制整えましょう」レベルでいいのかも、何事もコツコツと💪

開発体制を振り返る(2社目 Webベンチャー前半)

1社目のSIerについてはこちら

SIerを3年勤め、次はWeb系ベンチャーに転職しました。ひとつ言っておくと、Web未経験を入れてくれるベンチャー企業なので全然イケてません。むしろかなりヤバめ。カオスすぎて前半後半で開発体制がガラリと変わったので2部構成で書く

案件

BtoCの自社サービス

エンジニア数

12人ぐらい

技術

C#、angular、jquery

関連人物プライオリティ

開発 >>> サポート >> 営業

プライオリティ理由

BtoCの自社サービスで収益を賄えている会社だったのでエンジニアが考えて作る成功体験からエンジニアの力が強かった。

見積もり手法

開発モデル

ウォーターフォール

開発モデル詳細

あったらいいな🤭を考える

作れるかな?を考える

開発

テストはサポートに丸投げ

リリース

稼働

月30〜100時間残業(常にこれぐらい)

成果物

プログラム

得た知見

プログラム言語の知識。
気合い。
作る楽しさ。

やりがい

基本的にやりたい放題なので、プログラム出来る人はちょー楽しい。プロジェクトを進めていく力と設計知識ほ全くつかず、動けばおっけぃ。

考察

とにかく成果物を世に出すことがミッションだったので、エンジニアだけで進めることが多く、他の業種との対立が半端なかった。仲介に入ると両方から挟まれいろいろ詰む。だからやりがいのある「作る」にフォーカスする人が多いが、結局技術力もマネジメント能力もつかない(期間内で出来ることしかやらないから惰性コードが増える)。後半にも書くが、この「自分達が会社を支えてやってるんだ」という傲慢さが後半にも続く悲劇の始まりだった。。一番楽しいけど、一番最悪な開発体制。

開発体制を振り返る(1社目 中小SIer)

今社会人になって4社目(フリーランスだから結構転々としてる)ですが、いろんな開発体制の会社※を見てきたので開発体制を振り返ろうと思います。

これ見てエンジニア目指す人はどの業種がいいか見分けられると嬉しいな😃

※現場数を書くとキリがないので印象に残ったやつだけ


案件

官公庁の給与システム

エンジニア数

8人〜12人ぐらいだっけな?

技術

こぼる

関連人物プライオリティ

顧客 >= 開発

プライオリティ理由

基本顧客次第だが、ちょこっと直すのにエゲつい金額がかかるので、開発もコントロール出来る

見積もり手法

プログラムステップ法

開発モデル

ウォーターフォール

開発モデル詳細

人事院勧告によって仕様が変わる。

どこがどう変わったか顧客が把握してるので教えてもらって見積り(ステップ法)

顧客が予算と照らし合わせて再見積り

基本設計書、詳細設計書作成

基本設計書、顧客レビュー(大量の印刷物とともに)

詳細設計をもとに開発

コードレビュー(印刷したものをマーカーで引く)

Done(繰り返し)

単体テスト

システムテスト仕様書作成

システムテスト仕様書顧客レビュー(大量の印刷物とともに)

システムテスト(もちろんエビデンスもね)

システムテスト顧客レビュー(大量の印刷物とともに)

Done

リリース日設定

顧客、開発スケジュール調整

Done

稼働

月50〜80時間残業(稼働が一番高いとき、普段は月10)

成果物

プログラム
ドキュメント
エビデンス
テスト結果
最終報告

得た知見

社会保険の知識(標準報酬げつがく!)
こぼる

やりがい

技術を求めたい人は最悪。業務知識を求めたい人はそこそこ。

考察

人事院勧告によって要件定義がほぼないので確実でより正確なのは◎。仕様を把握して顧客と認識合わせ出来るなら即戦力。こぼるなので、詳細設計とほぼ同じコード、さらに依存するコードとかほぼ皆無なので問題が起きにくい。ただし、コード量は多い(ここら辺はステップ法と関連するところなのでビジネス的にこの設計になっている)。COBOL、JCLといったどこでも使えなさそうな技術をやり続けるのが辛い。なので汎用性のある業務知識に全振りする人多数(9.9割それ)稼働は高いが、SIerは残業手当が多いので、そこまで辛そうにしてる人は少ない(残業100時間以下の話)プロジェクトは必ず終わるので達成感があり、チーム仲も良い。

個人サービス公開して一年経ったので振り返る

このブログに何度も登場してるサービスですが、2018年の4/1に公開してから一年経ったので振り返ります。

結論から言うと、

全然上手くいってません!赤字です!

2018/4 公開!


当時はとにかく3月中にリリースする!という目標を持ってやってた。ほぼ3/31の夜にリリースし、ギリギリ間に合う。ただ、当時のデザイン、機能は最低ライン(今だったら絶対公にしないレベルで恥ずかしい)のレベルでドメインもAzureドメインのまま。さらにWindowsでしか開発出来ない.NetFrameworkで作ってしまった。当時の記事に失敗したことを書いていました。

2018/5 .NET Coreへ全てリプレイス

f:id:tekitoumemo:20190405224220p:plain
当時、Macminiのbootcampで開発してたのですがクッソ重くてさらにVS重くてそれだけで仕事後に開発するのが億劫になってました。そのときにちょうどMacBookを購入したのでリプレイス開始。サイト自体は管理画面で更新出来るので、運用しつつ裏ではリプレイス作業を行なってるという感じでした。リプレイス作業は4月中に終わらせる予定でしたが、データアクセスをEntity frameworkからDapperに移行したので、そこが思いのほか大変で5月半ばまで掛かりました。データアクセスはオレオレDapper拡張ライブラリを作ったりして、全て違う作りでリプレイスしました。多少のバグはあったのですが、管理画面に関するところだったのであまり影響はありませんでした。リプレイスは実際公開するまでの時間と労力の割にサービスが良くならないのでモチベが大変ですが、開発して得た知見をブログにすることでモチベを保てたのはよかったと思ってます。これとか👇
tekitoumemo.hatenablog.com

2018/6 SEOが爆上がりして1万PV達成

f:id:tekitoumemo:20190405230846p:plain
Googleネムーンってやつですね。とりあえずモチベMAXなので記事増やしまくったりデザインを大幅に変えたり色々やりました。この頃に初めてReact導入して、いいね!など作りました。ユーザー数も6000と恐ろしいレベルで増えまくって希望に溢れまくってました。ただ、この頃はページ滞在率と離脱直帰率を全く意識してなかったのです。ここがサービスの作り手の分かれ道だと今は実感しています。。

2018/7 相変わらず好調で2万PV達成

f:id:tekitoumemo:20190405231842p:plain
相変わらず調子がよかったのです。この頃はユーザービリティを全く考えず、アドセンス導入やデザイン修正など小賢しい改善ばかり行なっていました。完全に調子に乗っていて、もともと考えていた「ユーザー操作が複雑な改善は極力しない」がバッチリはまったと自画自賛してました(心の中で)。はじめに書いた記事はちゃんと反省点を書いていたのですが、このときは全く反省は書かずに調子に乗った事ばかりかいてました。
tekitoumemo.hatenablog.com
7月末から激減するとは知らずに。。

2018/8 SEO爆下がりでPV激減

f:id:tekitoumemo:20190405232754p:plain
f:id:tekitoumemo:20190405233035p:plain
とにかくSEOが下がりに下がり、圏外まで行く事態となりました。タイトルを変えたりしょうもない改善ばかりしていました。そんなことしてても全く変わらないのですが、エンコードのせいにしたりITunesアフリエイトのせいにしたり最終的には.NET Coreにリプレイスしたせいだと謎な状態でした。その頃書いた記事。
tekitoumemo.hatenablog.com

2018/9 いつまでたっても爆下がりは改善されず。。

この頃はプライベートでちょうどめちゃくちゃ忙しく、細かい改善ばっかり。でもなぜかSEOは爆下がりしているけど毎月5000PVはありました。「洋楽 ランキング Youtube」で上位になってるのでそこがせめてもの救いだった気がします。

2018/10 そろそろ気にしなくなる

さすがに3ヶ月爆下がりで何もないともうどうでも良くなります。どうでも良くなるって表現が微妙ですが、PVあげる改善よりもリプレイスのときに出来なかったリファクタ、そしてなんと言ってもホスティングLinuxに。リファクタは.NET CoreのDIアーキテクチャに沿った改善、Linuxにする為に構成の整理とデプロイスクリプトの作成などエンジニアとして有意義な時間が取れました。モチベを違う方向にシフト出来たので精神的にもよかった。
tekitoumemo.hatenablog.com

2018/11 〜 12 ちゃんとした機能を

振り返るとちゃんとした機能が全く作れてませんでした。ちょうどモチベも違う方向に向いたので、新機能追加に取り掛かりました。まずは大量に追加した曲が埋もれてしまうので検索機能を作りました。1つ目は日付から検索できる機能。日付API作ってフロントはReact。地味な機能ですが、このサイトになくてはならないものです。
f:id:tekitoumemo:20190406003923p:plain
次にキーワード検索。キーダウン毎にAPIを呼び出すと負荷がかかる可能性があるので入力が完了してからリクエストを投げる仕様にしました。人間のキー入力が完了するには0.3秒みたい。さらに部分一致検索なのですが、検索したキーワードが昇順で検索できるように以下のようにSQLを書きました。

where M.name like '%a%'
order by (case when name like 'a%' then 0 else 1 end), name asc

こんな感じにソートされます。
f:id:tekitoumemo:20190406005156p:plain
さらにパフォーマンスは意識していて30ms程度の速度が出ています。この頃からサービスの傲りがなくなりちゃんとサービスを育てていこうと思いました。

2019/01 会員登録機能

f:id:tekitoumemo:20190406011847p:plain
始めと言ってることが180度変わりました。というのも地道に記事を追加して、見た目を変えていくだけだとサービスとして何も「面白くない!」と感じていました。Twitterを見てると洋楽を紹介する人がたくさんいてそもそも紹介するのは自分じゃなくても良いのではないかと考えるようになり、アンケートを取ってみました。


びっくりしたのが、記事を書きたくないって人が一人もいなかったことです。このまま勢いで開発でもよかったのですが、作っても使ってもらえなければただのゴミなのでユーザーにどのような形で対価を与えられるか結構考えました。ただ、タラタラ考えてもしょうがないのでリンクを貼らずに会員登録機能を作り、管理画面にアクセスする為のロールやどのような情報が取れてどのように表示できればユーザーが喜ぶか作りながら検討した1ヶ月でした。敷居の高い会員登録を簡単にする為にTwitterFacebookに絞ったり、記事投稿をTwitterの画面に寄せて簡単に誰でも書きやすいように作りました。
ちなみにGoogle認証は、画像が取得出来ないのでやめました。そのとき書いた記事です。
tekitoumemo.hatenablog.com

2019/02 会員登録+投稿機能を正式リリース

f:id:tekitoumemo:20190406012616p:plain
正式に公開して誰でも使えるようにしました。当然、宣伝しなければ使い方もわかりませんし会員登録するわけもないので1ヶ月ぐらい自分で投稿してみたり、会員登録したときのユーザー体験を感じマイページやユーザー紹介ページを作ったりしてました。ドッグフーディングはめちゃくちゃおすすめでとことんいろんな改善点が出てきます、しかも有力な。そこそこユーザーに使ってもらえる段階まで持ってこれたかなと。

2019/03 投稿機能を気合いで宣伝

3月半ばぐらいにユーザーに使ってもらえる段階になったのでモニターとして数人にDM。数人に記事を書いてもらえて特に使い方がわからないとの声もなかったのでひたすらフォロワーにDM。結果として11人、100記事近く書いてもらえるようになりました。まだまだ全然少ないですが、解説という敷居が高すぎる機能にこれだけの人が使ってくれたのはよかったかなと。さらに数ヶ月ぶりの1万PV達成。。SEOは相変わらずボロボロだけ運関係なく1万PV達成出来てよかった。
f:id:tekitoumemo:20190406013657p:plain
さらにさらにアドセンスの受け取り報酬に達したので当初から協力してくれた友人に報酬を支払うことが出来ました。

2019/04 引き続き投稿機能を宣伝

f:id:tekitoumemo:20190406014200p:plain
4/5時点で2500弱のPV数なので今月も1万PVは達成出来そう。ただ、これだけだと飽きられる可能性大なので宣伝の傍他のことを考えていきます。

振り返ってみると全然うまくいかないし、エンジニアあるあるのTwitterで公開とかしてないので注目度もありません。ただ、地道に継続すること、ユーザー体験を意識することを持ってサービスを運営するのはやっぱり楽しいです。これから伸びるのかどんどん縮小していくのかわかりませんがあと1年以上は続けていけるようにしたいと思います。

作った当初の目標が月1万PVだったので最後に達成出来てギリセーフ。週5で働いてここまで育てた自分を褒めたい!

ユーザー車検に合格したので流れを説明する

本日、中古で買った車の2回目の車検を受けて余裕で合格したので、車検の流れとやったことを書きます。

以前に車検を受けるまでにやった整備は記事にしてますので参考にしてもらえれば(参考になるかわからんが)
tekitoumemo.hatenablog.com

車検前の整備

過去の記事に載せてますが、一応。

タイロットエンドブーツ交換

f:id:tekitoumemo:20190306215336p:plain
タイロットエンドとは、ステアリング(ハンドル)を切るときに一緒に動く骨組みと思ってもらえれば良いと思います。そのタイロットエンドとタイヤが接地する面にゴムが入っているのですが、これが破れていたりするので破れそうor破れてる場合は交換した方がよいです。こんなやつです。
www.monotaro.com

ブレーキパッド交換

f:id:tekitoumemo:20190306215924p:plain
ここは説明しなくても問題ないかと思いますが、念の為。タイヤと密着させて摩擦で回転を止めるやつですり減ってると普通に危険なので交換しました。これは車検であまり見られませんが(おそらくディスクローターが削れてなければ見ない)減ってると危険なので交換しましょう。ディスクローター変えると高いですし。
www.monotaro.com

ウォッシャー液

これはめちゃくちゃ盲点だと思いますが、ちゃんと出ることを確認させられます。200円ぐらいで買えるので買っちゃいましょう。

ユーザー車検予約

ユーザー車検は予約が必要です。以下のサイトから予約しましょう。なんと登録するとパスが平文でメールに添付されます(くれいじー)
www.yoyaku.naltec.go.jp
僕は神奈川運輸支局で車検を受けました。

当日

受付時間が1時間30分ぐらいあるので余裕を持っていきましょう。

持ち物

この記事では僕が実際に受けて必要だったものを書くので、ユーザー車検行く場合は必ず他のサイトを見ましょう。

車検証

必須。車の証明書なので必ず必要です。
f:id:tekitoumemo:20190306221024p:plain

自動車損害賠償責任保険証明書

自賠責って呼ばれるやつで車所有する場合は必ず必要なものです。納車時、前回車検時など必ず持っているものなので忘れずに持っていきましょう。これは購入するものと前回購入したもの2つ必要です。
f:id:tekitoumemo:20190306221209p:plain

自動車税納税証明書

自動車税を納めた証明書。とくになにも言われなかったから必要なかった。
f:id:tekitoumemo:20190306221448p:plain

印鑑

これもいらなかった。

持ち物としては以上で、あとは全部運輸支局で調達できます。ただし、自賠責は場所によってないかもしれないので下調べ必要です。

現地調達するもの

自動車検査票

車の検査をするチェック表。車台番号と住所書けばあとは係の人が勝手に書いてくれます。
f:id:tekitoumemo:20190306222018p:plain

自動車重量税納付書

重量税を収める用紙。印紙を買って貼り付けるだけ。
f:id:tekitoumemo:20190306222220p:plain

継続検査申請書

車検証を発行する為に必要な用紙。これも何書けば良いかわからないので全部聞いちゃって大丈夫です。
f:id:tekitoumemo:20190306222356p:plain

定期点検整備記録簿

これはかなりグレーな点なのですが、ユーザーが点検してるとの程で必須ではありません。車検証に「点検整備記録簿記載なし」って書かれるだけっちゃそれだけです。

印紙

これらを適当に書いて「これでどうすればええん?」って受付の人に聞けば、どこで印紙と自賠責を買えば良いか教えてくれます。
ちなみに僕は2年車検なので以下の値段です。

  • 自賠責:25,830円
  • 重量税:24,600円

こちらで計算できます。
naspa.jp

  • 検査手数料:1,700円

合計:52,130円
8年目のコンパクトカーの法的費用はこれぐらいだと思います(前回4万ちょいだったのに、、

ついに検査へ!

印紙を貼って受付にOKをもらったら検査に行けと言われます。初心者ですって言うと「○番に並んでください」って言われるのですが、その○番がわからないので適当に並べば良いと思います。どこに並んでも教えてくれます。
f:id:tekitoumemo:20190306223747j:plain
めっちゃ並んでる。。

ライトやらクラクションやらワイパーやらの検査が始まる

検査員に検査表一式を渡して指示された通りに車を動かすだけです。正直足回りとか適当に見てるだけです。写真取ればよかった。。

本検査

f:id:tekitoumemo:20190306224159p:plain
こんな感じのとこで検査します。ユーザー車検2回目なのですが、全然覚えてなかったので「初めてです!!」って係員に言ったらハザード付けといてって言われました。ハザード付けとくと係員が最初から最後まで親切に誘導してくれます。ここではメータ検査、ブレーキ検査、触媒検査などいろいろやりますが違法に改造していない限り余裕で通ります。強いて言うなら光軸がずれている可能性があるので事前に予備検査でチェックしてもらうのも良いでしょう。

そんなこんなで終了。

f:id:tekitoumemo:20190306224613j:plain
取れたー!!これであと2年は乗れます!

感想

車検では、走る、止まる、安全が守られていれば余裕で通ります。この観点で車を整備(業者に丸投げでよし)すれば、必ず受かることがわかりました。ぶっちゃけ想像以上に適当でぶっ壊れてるところがない限り全く問題ないので初心者でも余裕です。はじめに予約すると書いたのですが、全く確認されることもなかったのでなにも予約せずに突入しても車検受けられるっぽいです。所用時間も混んでても2時間しないぐらいなのでなんかこんなことに法的費用の2〜2.5倍の値段を取られるのはめちゃくちゃ馬鹿らしいのでできる限り自分でやった方がお得で勉強にもなるので良いと思いました。

まとめるとクッソ適当で余裕で受かる。